福岡から山と海と橋を楽しめるツーリングルート

鷹島肥前大橋

最近、キュレーションサイトが増えてきて、旅行系の情報をよく見るようになりましたが、それを見ていたら自分でも久々にブログをやりたくなったので、しばらく寝かせていたこのサイトを再開しました。

最初の投稿は、福岡から約2時間で山と海と橋を楽しめるツーリングルートを紹介します。
ルートの概要は以下になります。(片道のみ)
福岡(西新)→三瀬峠→ダムの駅富士しゃくなげの里→白木峠→二丈パーキングエリア→西九州道浜玉IC→西九州道北波多IC→鷹島肥前大橋→道の駅鷹ら島
まっすぐ走れば、1時間ちょっとの距離ですが、せっかくですので山と海と橋を楽しんで走りましょう。

まずは三瀬峠です。

時間がない場合や峠区間での運転に自信がない方はトンネルを走られたほうがいいです。
三瀬峠は、タイトなカーブが続く峠で峠好きの人にはたまらない道です。
佐賀県側は急な下りとタイトなカーブが続くので安全運転で走りましょう。

ここからダムの駅富士しゃくなげの里に向かうわけですが、一番簡単なのは北天グリーンロード経由で行く方法です。
私が最近ハマっているのが、マッちゃんのところから右折して県道39号、県道299号を走るルートです。

ダムの駅富士しゃくなげの里は嘉瀬川ダムのすぐ隣にあるダムの駅です。
ここは風景がよくレストランがあって(喫茶メニューもあり)まったりできます。

2015072002

バイクの向こう側にダムが見えますね。

2015072004

風景きれいです!

2015072003

レストランは意外とリーズナブルで(800円ぐらい)ご飯のお代わりができるので、僕は愛用しています。
重要なんですが、ここはトイレが綺麗なんです。
ここを最初の休憩地点にすることをおすすめします。

ここから七山方面に向かい、白木峠→二丈パーキングエリアへと向かいます。

2015072005

二丈パーキングエリアのところの海は天気が良い日だと綺麗ですよ!
ここはよくライダーが集まるスポットで駐車場がバイクだらけという日もあったりします。

ここから西九州道経由で一気に鷹島近くまで一気に行きます。
呼子方面に向かって走り北波多インターで降りて山道を走ります。
実は途中に見どころのポイントはあるのですが、それは別に紹介するとして鷹島までバイクを走らせます。
すると、山を登りきったところから左手に大きな橋が見えてきます。

鷹島肥前大橋

この写真は道の駅 鷹ら島から撮影した写真です。

img_8288s_mini

別の季節の写真ですが、道路側はこのようになっていてきれいな風景が見れます。
道の駅 鷹ら島は個人的には冬の時期に来ることが多い場所で、高速を使えば冬場でも来やすい場所です。
ここでは美味しいご飯も食べれます。

img_1301s_mini

ここに来たら食べておきたいのがこの魚島来飯(おとこめし)です。

魚島来飯のルールとして使用する魚は地元の魚を使う、ごま醤油をたれとする、魚は三種類以上使う、必ず丼にする、酢飯を使わないとなっています。

値段もリーズナブルでこの内容で1050円です。

さらに鷹島はまぐろの養殖が盛んな島ですので、このへんでは珍しいまぐろ丼もあります。(玄界灘周辺は青魚を使った海鮮丼が多い)

img_8114s_mini

冬場になると、ここで紹介した山間部の道路は走れなくなりますが、福岡からちょっと遠出してグルメを食べるのに最適なツーリングコースです。
ぜひ走ってみてください!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする