福岡から行く夜桜ツーリング(御船山楽園)

先週、今週と続いて桜の見頃なのに雨ばかり降っていますね。
桜といえば青空の下で見たいものですが、天気だけはどうしようもありません。
しかし、曇り空でも夜桜であれば桜も楽しめますよ。
というわけで今回は夜桜のスポットを紹介します。
場所は佐賀県武雄市の御船山楽園です。
※桜が散ってもつつじや大藤のライトアップがすぐに始まりますのでご安心を。

佐賀県武雄市にある桜の名所で春は他にもつつじが見れたり、秋になれば紅葉と年中楽しめるスポットです。
ここの桜のライトアップは幻想的な写真が撮れますのでぜひ行ってみてください。
※入場料が600円〜700円かかります。(時期によって変わります。)18:30〜22:00

さて・・・ここへのアクセスですが、福岡からですと最速は高速だと思いますが、ぐるっと遠回りルートでお金もそこそこかかりますので下道がおすすめです。
ツーリングルートの概要を記載すると以下のようになります。

福岡→三瀬→古湯温泉→天山→厳木ダム→多久→武雄北方→武雄温泉→御船山楽園

地図で見てもらうとわかりますが、福岡から佐賀県内の山間部を豪快に走って武雄温泉方面に向かうルートとなります。(最速ルートではありません。最速は北天グリーンロード経由で古湯温泉の裏から天山スキー場まで直線で走るルートだと思います。)
私自身このルートが大好きでよく走っています。

まずは福岡から三瀬峠を超えてよっちゃんのところまでの道です。
※よっちゃんの手前にある旬菜舎さと山の交差点から右に曲がって直進すると北天グリーンロードに行けます(急ぐ場合はこちら)

よっちゃんからは北山ダムを見ながら田舎道へ入っていきます。
北山ダムのボート屋さん近くは湿った落ち葉や苔が出てるところがあるので注意して走行してください。

栗原商店から吉田商店からは細い道を走っていきます。
富士町の山奥で静かなところです。
最近はこの道が多くのライダーに認知されたことでよく走るライダーを見ますが、高齢者が多く住んでいる静かなところですので回転落としてゆっくり走ってください。
時間がゆっくり流れているのを感じることができるかと思います。

吉田商店からはダムをまたぐ橋を渡ってダムの駅富士しゃくなげの里に行きます。
国道323号は広くて走りやすい道ですがスピードにはご注意を。
最近、福岡ローカルのニュース番組でこの国道323号の向かい側の道を走るライダーの特集をしていて警察の取締がきつくなっている可能性があります。
ダムの駅富士しゃくなげの里についたらここで休憩しておきましょう。
きれいめなトイレがあります。

ダムの駅からは古湯温泉、天山、厳木ダムを抜けて道の駅厳木に向かいます。
豪快に山間部を抜けるルートです。
天山スキー場に行くルートなのでかなり山奥ですが、天川で素朴な田舎の風景が楽しめます。
天川を抜けると厳木ダムに向かいますが、かなりの下り坂の区間があって、さらにものすごい急カーブの場所があります。
スピードを出しているとまず曲がれませんので慎重に走ってください。

途中にバイクを置ける場所が何ヶ所かあります。
この写真の場所は何気ない駐車場の写真ですが、紅葉の季節にここに来ると見事な紅葉が楽しめます。
もちろん、ダムといえば橋みたいな場所があるのですが、厳木ダムももちろんあります。
ダムからさらに下ると道の駅厳木に到着します。
トイレもそこそこきれいなので軽くトイレ休憩をしてもいいと思います。

道の駅厳木からは多久を経由して武雄に向かいます。
武雄北方から車が混みだします。
県道24号を使って武雄温泉の近くを通り抜けてそのまま道なりに走れば御船山楽園に到着します。
大きい看板があるのですぐにわかるかと思います。
係員の指示に従って駐輪してください。

御船山楽園は昼の部と夜の部がありますので、まずは昼の写真を撮り、一旦、出口に出て出店で何かを買って食べながら夜の部を待ち、ライトアップした瞬間に行けるようにスタンバイしておくといいでしょう。

夜の部が始まった直後ぐらいの写真です。

この風景が御船山楽園ですね。まだ外は明るいです。

入口のほうに向けるとこんな写真が撮れます。

桜が散っててもこういう写真が撮れると思います。

ちなみに武雄温泉は結構夜遅くまで入ることができます。
せっかくだからどこかに泊まるのもいいでしょう。
花見の季節に泊まれるかどうかは謎ですが・・・。

日帰りで帰る場合は夜も遅いので高速利用をおすすめします。
今年は花見が難しい天気状況ですが、ぜひ行ってみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする